271249

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
CACI-掲示板

1コロ助(ブギ)10歳になりました (1) / 2小春15歳元気です! (1) / 3ブルーノです (1) / 4コロ助(ブギ)アニキになりました  / 5コルクとビスク (1) / 616才のビリーです (2) / 7RALPH 11年を迎えることが出来ました (1) / 8原点回帰!? (2) / 9チャーリー、6回目のウチの子記念日でした (1) / 10バルドくんTシャツ (2) / 11一歩ずつの一歩 (1) / 12修行中の一歩  / 13あんず、7年が経ちました (1) / 14ポインターの小梅です (2) / 15泡盛、虹の橋を渡りました (1) / 16ありがとうございました! (1) / 17多中心型リンパ腫 (1) / 18泡盛、元気です (1) / 1912年目に入ります! (1) / 20猫様方、元気に暮らしております。 (1) / 21Gaby(Gabriel) (1) / 22サリーのご報告 (1) / 23RALPH 10年が経ちました (1) / 24R.I.P. (1) / 25聴覚障害 (1) / 26こんばんは (1) / 27シオン10年経ちました (1) / 28お久しぶりです。オスカーです。 (3) / 291年です (1) / 30きんとん1年経ちました (1) / 31チャド・ピア近況 (1) / 32あんず6年が過ぎました (1) / 33メリッサ旅立ちました (2) / 34ゴッティ(旧アーチ)永眠 (3) / 35サリー❪旧 ウララ❫10年で.. (3) / 36祝☆3年 (1) / 37岳 虹の橋をわたる (1) / 38無題  / 39MOUSSEの顔 (1) / 40もう10年! (1) / 41チェス&シュガー 7周年記念日 (1) / 422年になりました (1) / 43茶豆 元気です (1) / 44チーム相模原 (2) / 453年になりました (1) / 46フィラリア陰転しました! (1) / 47泡盛元気です (1) / 48犬の能力  / 49MOUSSE  / 50おはな (1) /

[ 指定コメント (No.1563) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ フィラリア陰転しました! 投稿者:小佐井  引用する 
ご無沙汰しております。

レンが我が家の家族の一員となって4年になりました。先住犬のカイと妹のリリーと毎日元気一杯に過ごしています。そして嬉しい報告があります。

レンのフィラリア抗原検査の結果が「陰性」になりました。
普通の犬であれば、当たり前の結果なのでしょうが、フィラリア強陽性で心臓肥大症であったレンの場合は特別の感慨があります。

レンのフィラリア治療を始めて4年目でついにこの日を迎えることが出来ました。

昨年の検査では、エコーで虫の存在は認められなかったものの、結果はまだ「陽性」でした。

そして今年、動物病院の先生が嬉しそうに検査結果を出しながら「陰性でしたよ!」と言ってくれました。「もう、心配ありません。これからは、普通に予防薬を他の犬と同じように服用すれば大丈夫です。」との説明でした。

暫くは溢れ出る涙を抑えることが出来ませんでした。


レンは、特に何の症状もなかったため、先生からも、普通に生活させて問題ないでしょう、ただ過度に運動させることは控えてくださいとの診断であったため、日々の散歩などで河川敷で鴨を追いかけながら爆走するレンには、やはりいつか症状が出るのではないかと心配は尽きませんでした。

でも、もう安心です。本当に嬉しいです。

保護犬は、フィラリア陽性の子が多いと思いますが、レンのように強陽性であっても、他の健康な犬と同じように普通に暮らせるし、陽性だからと言って里親になることを躊躇する必要は全くないということをレンは証明してくれたと思います。

レンは、本当に頑張りました。レンの里親になったことを誇りに思っています。


2019/01/12(Sat) 21:17:29 [ No.1563 ]
◇ Re: フィラリア陰転しました! 投稿者:ゆこりん  引用する 
小佐井様
レン君、フィラリア陰転、おめでとうございます!4年間、すぎてしまえばあっという間ですが、心配しながらの長い長い4年間でもあったかと思います。獣医さんの「もう心配ありません」の一言がどんなにうれしい、待ちわびた一言だったか。ご家族のお気持ちが伝わってきてお知らせを読ませていただき思わず涙が出てきました。
レン君も、長い間がんばりましたね。支えてくださったご家族もお疲れ様でした!

今シェルターにもフィラリアの子が何頭かいます。どの子もとてもいい子です。フィラリアがあったレン君を迎えて一緒に戦ってくださった小佐井様の、「フィラリアがあっても強陽性でも他の子と同じように普通に生活を共にできる、迎えることを躊躇することはない」とおっしゃって下さるお言葉は、フィラリアの子でもそうでない子でも同じようにこれから幸せな犬生を送ってほしいと思っている私たちには心強く、またフィラリアの事をよく知らない未来のご家族の方に勇気を持っていただけるのではないかと思います。

私たちボランティアも、微力ながら皆様のようなご家族に大事な犬たちの未来をつなげるお手伝いをさせていただけていることを誇りに思います。嬉しいお知らせありがとうございました。

これからも愛しい我が子に心配事は尽きないかもしれませんが、一緒に過ごされる時間がご家族にとってこれまで以上に穏やかな時間でありますように。

2019/02/13(Wed) 23:37:32 [ No.1567 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -