フォワード君 イングリッシュセッター
22年5月29日 千葉県動物愛護センター引取り
オス
6歳位
22キロ
去勢済み
ワクチン済み
マイクロチップ済み
23年度より訓練所にてお勉強してきましたが
家庭犬として送り出せるまでになりました。
◆家庭に入った場合の暮らし方について◆
始めは、フリーにせず、散歩が終わって食事を済ませ
少しフリータイムで過ごし、バリケンで休ませる。
様子をみて、フリー時間を延ばし、夜はバリケンで休ませる。
運動は多めに取り、ドックランなどで走らせることも
必要です。呼び戻しもかなりできるようになりました。
訓練所にお預けした経緯は、自転車が苦手で
フォワードの横を通り過ぎるとき、向かってくるとき
飛び掛ってしまいました。人間に対する攻撃
犬に対する攻撃はまったくありません。
今では自転車も問題はないとの事です。
環境としては、あまり街中でないほうが
好ましく、静かに暮らせる場所が合っていると思います。
ようやく、里子にいける日がきました。
とても手足の長い、ハンサムボーイで
人は大好きです。
猫や小動物がいないほうが、猟欲も強くならず
いいかともいます。
現在、北海道の訓練学校にいるため
トライアルをご希望の方は北海道でのお見合いになります。
本年3月までには、千葉県市川市のシェルターか
預かり先を探し生活をする予定ですが
フォワードにとって、北海道から直に
里親希望者様のお家にお届けすることが
一番だとおもいます。
特に問題がある犬ではないので、
大型犬がお好きな方なら飼育も難しくは
ないと思います。

平成28年11月30日現在
耳は聞こえていませんので、呼び戻しができません。
そのため、日ごろから手によるサインを出すトレーニングをしています。
ペットシーツやタオルといった布系は目を放したすきに
食べてしまうため、かなり注意が必要です。
興奮が高い子なので、食事前、食後はバリケンにて
休ませないと、捻転を起こす可能性が高いです。
胃固定をしています。

庭があり放せ、室内でともに過ごし、
目を放すときは、バリケンに入れるという暮らしなら
申し分ないほどのいい子です。
お留守番の長いお家には向きません。
子ども、他犬にもとても優しく
ほとんど吠えることはありません。
クリックで画像を表示