前頁 ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] → 次頁

ウーロン歩き出す(^^♪ 2017/02/13 (Mon)
今日は朝から快晴の市川。
日中はぽかぽかでした。

ここ1週間ほど、ウーロンの足腰が
だいぶしっかりしてきました。

下半身用ハーネスを使わなくても
一人で歩けるようになりました。

頑張ったね、ウーロン。


まだまだ骨と皮ですが
これでもかなり、いい感じになっています。

背中の骨が曲がり、石灰化もあるため
頭も上に持ち上がりませんが
アジの開き状態からここまでの快復は
本当にすごい!

皆様にこの姿を見ていただけて
嬉しいです。

2月13日のウーロン
Youtube動画
https://youtu.be/Hr84642hqG8
1486992592.jpg
[ Admin ]

家族になるということ 2017/02/11 (Sat)
昨日は快晴もほんの一瞬、雪が夜までちらつきましたが
今日は朝から青空の市川です。

さて、数日前このような相談がありました。

遠方から迎えたMIXの男の子 3歳位。
家族に迎え、1カ月が経過したそうですが
懐かない、相性が合わない(人)返したくても
返せないというもので、私たちの会で
引き取ってくれないか?とのことでした。

「殺処分」と拡散された記事を読み
殺されるなら飼ってあげようと思ったとのことでした。

散歩も大変で、ご家族には
体力も気力も追いつかないようでした。

ドックトレーナーや訓練所などに相談することを
すすめましたがそこまでお金をかけられない、とのことでした。

また、ショップで買うと高いので
保護犬をもらおうと思ったのに、とおっしゃっていました。


家族になるということ
家族に迎えるということは
多々ある困難も乗り越えて
初めて「家族」になれるのではないでしょうか。


自分の子供ですら、育てることの
難しさを感じている時があります。
ですが、放り出すことも返すことも
できないのですから、向き合っていくしかありません。

人間の子供でもタダで育てられません。
生きるということはお金もかかります。

ボランティアだから安いと言われてしまうと
保護活動をしているボランティアからの譲渡と
いうものを理解していないと感じました。

ドックトレーナーを探してみるとのことでした。
どうか、乗り越えてほしいものです。
犬にも慣れるまでの時間は必要ですから
焦らずにいてほしいと思います。



数年前も同じことがありました。

自分の地域で放浪していた子。
その子が保健所に入ったことを知った方が
愛護センターに引き取りに行き
自分の家の子にしました。

迎えてすぐに、先住とノーリードで
合わせ大喧嘩・・
その際、子供がその犬を掴もうと手を咬まれ
大けがをし、犬はそこから警戒し
誰も触れなくなりました。

引き取って来た愛護センターに返したいと
言ったのに、引き取ってくれないといいました。

何故、愛護センターも返還に応じなかったのでしょうか。
緊迫している状況は電話からも伝わっていましたので
相談を受けてすぐに会いに行きました。

我慢強い子でした。
コマンドに従い、じっと待てる子でした。
トレーニング方法を伝え
焦らずに接することを伝えたのに

ご飯の上げ下げの際に唸ることから
その飼い主は角材でその子を殴り
大けがを負わせました。

会いに行ってから1カ月と少し経ったところでです。

目に怪我を負い、開けることすらできず
ガリガリに痩せていた子。

それが今、私たちの三番瀬アパートで
世話をしているりんちゃんです。


保護犬を迎える際
過去の暮らしも性格も分からないことも
多々あると思いますが、まず迎える前に
必ず自分に問いかけてみてほしい。

何のために犬を飼うのか。
もし、トレーニングが必要な場合
その子にトレーニング費用を使えるか
すぐに病気になっても医療費を払えるか・・・

一時の感情に流された結果
最後 悲しい思いをするのは犬たちです。

自分にそれだけの覚悟があるかどうかを
しっかり考えてみてほしいと心から思います。

画像:毎回ぶたれて角材で殴られたリン。現在の姿




1486774510.jpg
[ Admin ]

ななちゃんの経過 2017/02/10 (Fri)
昨日は雪がちらつきましたが
今日はお天気が良い市川、風は冷たいです。

昨夜、ななちゃんに会ってきました。
立ち上がって帰りたそうなお顔で見ており
心が痛みます。

ななちゃんも辛いと思いますが
流動食やお水がちゃんと摂れて
問題なく流れていくのを病院で確認してから
退院なので、もうしばらくは辛抱の生活です。

カメラを向けるにはあまりにも
可哀想すぎて画像はありません。

切除した腫瘍は大きな梅干し位あり
これが問題だったことを、気づいてくださった先生に
感謝です。

保護から一度も吐き戻し等がなかった子なので
腫瘍が大きくなるには、それほど時間が
経っていないと思います。

退院後、どのように食べて排泄し
何に注意をすればいいか
よく観察していかねばなりませんね。

皆様のお近くにバイパス手術を行った子
あるいは我が家の子が行ったなど
アドバイスをいただく事があろうかと思います。

その時はよろしくお願いいたしますね。

1486698720.jpg
[ Admin ]

バルドの義足とななの手術 2017/02/07 (Tue)
風が冷たい市川でした。
今日は遅くの更新です。

今日の午後、栗山トレーナーとシェパ バルド君を連れて
江東区北砂にある川村義肢株式会社さんに
行ってきました。

バルド君、まだ子犬ですから
興奮するとオシッコしてしまうのでは、と
心配し、見ていただく前にシーツを敷いたら
すぐにしてくれて、シーツの認識もばっちりでした。

会社には沢山の方がおり
エレベーターも初体験。

見ていただくお部屋で待機中の間も
バルト君にはお勉強でした。


HP
http://www.kawamura-gishi.co.jp/pet/faq.html

担当してくださった方は、とても親切に細かく見てくださり
いろいろな方法を一緒に考えてくださいましたが
残念ながら、バルド君の残っている部分が
あまりにも少なく、義足を作るには難しいとのことから
断念いたしました。

そのお話の中で、バルド君には難しいけれど
バトラーに適しているのではないか?の
補助用のカバーがありました。

栗山トレーナーが動画でバトラーの状態を
伝えてくださって、早々に見ていただくことになりました。

バルド君にはまだ車いすの選択が残されて
いますので、栗山先生と相談して進めて行こうと思います。

帰る際もずっとお見送りいただき
本当にありがとうございました。

今日、行って良かったと思いました。



そして、昨日から入院しているななちゃん。
幽門に腫瘍が見つかり
吐き戻しも止まらず、緊急OPとなりました。

腫瘍があることで胃の出口がふさがらず
その腫瘍からの出血もあるとのことでした。

先ほど、胃の出口を閉じ、腸を胃に繋ぐ
バイパス手術が終わり、今麻酔から目覚めたと
ご連絡をいただきました。

膵炎や他の数値も高くなり
予断が許さぬ状態です。

どうか ななちゃんが私たちのもとに
無事に帰ってきてくれるように
心から祈ります。

絶対に持ち上がってほしい。

頑張れ!なな!!


1486478804.jpg
[ Admin ]

オクトーという犬 2017/02/05 (Sun)
本日の塩浜ドックラン譲渡会は
雨の予報のため、中止とさせていただきました。
次回は2月19日です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2月2日 我が家で13年生きた元野良猫の
ミルクティーちゃんが亡くなった。

亡くなる2か月前から上下顎の付け根に腫瘍ができ
自壊し、頬に大きな穴ができた。
そんな状態でもよく食べて、亡くなる1日前は
食べられなくなってしまった・・


そこから急降下・・・
2日の午後、天に召された。

亡くなった後、口の中を覗くと
上下顎がついておらず、あごの骨は溶けていた。


後悔と悲しさとが溢れ、それでも
シェルターの子たちのお世話があるので向かった。


そんな私の空気をいち早く読むのがオクトー。

いつもの空気と違うと感じる速さ・・・

そんなときほど怯えた目で見る。

心まで読まれてしまっているような気がする・・
いや読まれている。
動物の本能なのかな。

オクトーは千葉県動物愛護センターから
引き取ったポインター。

シェルターに来て6年近くになるだろうか・・
ストレスやいろいろなことが重なり
慣れている人、オクトーを理解できる人しか
触ることができない。


怯えた目で見るオクトーに映る自分は
なんて情けないんだろうか。

怯えさせてしまって・・。


どんなに落ち込んでもそれは
犬たちに関係がない事・・・

いつもと同じように同じ気持ちで接することの大切さを
わかりながらもそれができない自分はまだまだだ・・。

神経が細く 怖がりなオクトーは
近づく人にも警戒し、時には吠え
時には動かず、いやなことがあるたびに
自虐を繰り返す。

この子が安心していられる場所であり
安心して接することができる人間でいないと・・。


簡単には手が出せないオクトーの
老後を考えると 心配なことも多い。

問題が出たら一つずつ解決していくつもりで
いればいいか。

オクトーの爪切り、歯石取りは
鎮静の中で栗山先生と
病院の先生二人と私の4人がかり・・

健康診断の時にすべて行った。

今は腰が悪くなり
回って唸って散歩ができない状態。

小さなオクトーのスペースだけで
生きている。
これが幸せなのか?
これでいいのか?

毎日考えている。

オクトーが一番好きな事は
オヤツをもらうこと。

食べることはもちろんだけど
「もらえる」=「ご褒美」が嬉しいよう。


褒めてもらえる喜びがある。


座ってこちらを見る
おしっこをする→掃除する
うんちくんをする→片づける

毛布を替える
お水を入れる

全てにおいてオクトーには
嬉しい事。

一つ一つの作業過程が
オクトーにはゲームになっている。

マズルトレーニングもその一つ。
どや顔でマズルを入れてくれる。


本当のオクトーは、甘ったれで
賢くて、優しくて、臆病で
楽しくて可愛いのに、こんな風にしか
世話ができないことがとてもつらい。


大きな犬舎を購入できるように
頑張らないと。


ボラのみんなには内緒にしておいたけれど
オクちゃんに美味しいバームクーヘンを
里親様から頂いたので 一口おすそ分け。

美味しかったと言っておりますよ。


美味しいミートローフが届いたよ。
月曜日は持っていくからね。

私たちのもとで見送る命のオクトー。
心も体も元気でいてほしい。

そうそう、心は平常心、いつもと同じ!
これを忘れずに!




1486227491.jpg
[ Admin ]

あーコワイ! 2017/02/04 (Sat)
皆様 こんにちは。
何とかいいお天気の市川。
明日は曇り時々雨・・・譲渡会できるかな?

ムクリンが亡くなる少し前、
公園に行くと、広い芝の真ん中に
スタッフォードシャー・ブル・テリアがいて
飼い主さんはスマホをいじり立っていました。

なんだか、いやな予感がして
遠巻きに帰ろうとしたその時
なんと!!リードが手から外れ
ムクリンめがけて一直線に走ってきました。

ムクリンも気がつき その犬の方を見て
戦闘態勢に入りました。

慌ててムクリンを背中から抱き上げ
向かってきた犬を蹴りました。

もちろん、思い切りではなく
その子に、これ以上来るな!位です。


飼い主さんが追いつき
その子のリードを握り、怒る怒る・・・

「何も蹴らなくてもいいじゃない!」と・・。


ムクリンは興奮MAX!
頭を逸らせ 私を咬もうとしていました。

歯の音が今でも聞こえるようです。

健康な犬なら抱き上げずに
リードを吊るとかしたと思いますが
ムクリンはフィラリア症で呼吸も苦しく
気管虚脱もあったため、
抱きあげました。

もちろん咬まれるのを覚悟しましたけれど。
あの時、本当に咬まれていたら
私の顎も鼻もほっぺもズタズタだったと
思いますが、ムクリンは太り気味で
届かなかった・・。

ムクリンがあの時、この犬を咬んでいたなら
ただのケガでは済まさなかったと思います。

繋いでいるこちらは悪くないのに
それでも咬んでしまったら、こちらも悪くなるなんて・・

犬と散歩しているときは
ちゃんとその犬を見ていてあげてほしいですね。

どちらもしっかり見ていれば
防げる事故も多いのに。

歩きスマホ、犬散歩スマホ、お願いだから
止めてください。

昨日も放しているジャックにダックス・・

しかも私はモロの散歩中・・
モロは小型犬、猫はNG(汗

こわい、こわい!

少しずつでも慣れるように
お勉強していますが
猟犬は本能部分が大きいので
特に神経を使います。

小さいころからいろいろなことを
学んで知っていたら
こうならないかもしれませんが
そうはいかない活動・・・

保護犬を連れている人もいるということも
知ってもらえるようにしていきたいです。

お散歩は毎日の事
気持ちよく安全にできたらいいですね。





1486173579.jpg
[ Admin ]

夕陽を眺めながら 2017/02/02 (Thu)

皆様こんばんは。
昨日も今日も風が冷たい市川です。

今日はシェルターの夕方のお世話当番でした。
薄暗くなりかけ、黒豆と公園に行きました。

保護当時は、やせっぽちポインターで
自信もなく、オヤツも歯がなるほど食らいついて
毎回流血しておりました。

そんな黒豆を公園のベンチで抱いて
一緒に夕陽を眺めました。

黒豆はあったかいのか安心するのか
自分から降りようとしませんでした。


あの日が嘘のよう。


今日もあの時と同じベンチに座り
抱っこをして夕陽が沈むのを見ていました。

感じる黒豆の重さ、暖かさ、ふっくらした柔らかな体
ここまでよく持ちあがってきました。

今では決まった敷物も敷けます。


黒豆を抱きながら
今日の日に感謝しました。


黒豆がいつか優しいご家族に
迎えていただける日が来たら、
黒豆の特技をご披露したいと思います。


黒豆の里親様だけに教えますね(笑)
その時が楽しみです♪


画像:保護当時の黒豆 2015年3月

1486039228.jpg
[ Admin ]

家族募集中の子たち 2017/02/01 (Wed)
皆様、こんにちは。
雲もない快晴の市川、風は冷たいです。


さて、先日愛護センターから引き取った
ゴールデンの子と一緒に収容された黒ラブちゃん。

ちばわんさんが、「ちばわんの愛護センターレポート」に
情報を載せてくださっています。

ゴールデンちゃんも皮膚が悪く激やせ。
黒ラブちゃんも同じ状態です。

本日、愛護センターにその後の状況をお聞きしましたが
担当の方不在のため、明日確認します。

千葉県の動物愛護センターにも
沢山の子たちが家族を待っています。
1年以上も待ち続けている子もいます。


20年前の愛護センターに
純血種がいることは珍しい事だったけれど
今ではラブ、ダックス、チワワ、プードル
日本の流行りを象徴するように
同じ犬種が何頭も収容されています。

ペットショップに行く前に
ご自身の地域の動物愛護センターの
家族募集をしている子たちを
ぜひ、ご覧ください。

千葉県動物愛護センターHPから
飼い主募集中の子たち
http://www.pref.chiba.lg.jp/aigo/kainushi-bosyu-honsyo.html

黒ラブ情報
ちばわんさん 愛護センターレポート
収容室A 黒ラブちゃん
http://centrerep.exblog.jp/27480781/


愛護センターの飼い主募集中の子たち
Youtube動画
https://youtu.be/NKTdxDSqsoM


こんなにたくさんの保護犬たち・・・

こんな日本に誰がした??


●連絡先は動画の説明のところにあります。

1485922878.jpg
[ Admin ]

TANGOとキューちゃん 2017/01/31 (Tue)
皆様、おはようございます。
良いお天気の市川、曇りの予報も出ているので
午前中は溜まった洗濯物を頑張って終わらせなきゃ・・汗。


さて、29日の日曜日
我が家にステイしていたキューと
シェルターにいたTANGOを入れ替え
保護生活をスタートしました。

キューは千葉県動物愛護センター東葛飾支所から
来た子で、抱き上げるなどすると
咬むようなしぐさを見られたとのことでしたが
怯えから来るものだと、お世話を通して
わかりました。

問題点があるか?と聞かれたら
問題なし!の立派な家庭犬と答えられます。

キューが過去に暮らしてきた様子も
垣間見えることもあり
どのようなご家庭に向いているのか、それも
わかりましたから、キューに合うご家族が
見つかるように、ブログから発信していきますね。

で、我が家に来たTANGO。

何故入れ替えたか、というと・・。
TANGOは敷物を食べ、ケージの中で排泄します。
散歩は全く歩きません。
譲渡会に行くとランでは信じられないほどの
早さで目の前を駆け抜けていくのに
リードを付けると歩かない。

リードを付けるとゴロン・・・

シェルターでもケージには新聞紙しか敷けず
寒いのになぁ・・と心が痛む毎日。

TANGOは散歩が嫌いなのではなく
道路が苦手、大きい車や通りが
苦手なのよね。

車からランまでは歩くんだから。
夏前には歩けるようになるといいな。

多頭の方が安心してる様子なTANGO。
我が家のMIXちゃんたちと
ウーロン、障害を持ったココアと
一緒にしても問題なく。
他の子について、外の通路にも
出て行きました。

日向ぼっこしながら
まったりしていましたよ。

掃除してると、足の下、お尻の下に
潜り込んでくるTANGO。

実に可愛いポインターです♪

画像:昨日 夕陽の中のキューとお昼のTANGO

1485820646.jpg
[ Admin ]

動画撮影で見えたもの 2017/01/28 (Sat)
皆様 おはようございます。
今日の市川は良いお天気です。

昨夜、シェルターの犬たちの世話が終わり
画像撮影でも・・と
新入りちゃんたちのケージを覗き
撮影しようと思ったら・・

不安から顔が動いてばかり・・。

新入りの小さなセッターちゃん。
一度も吠えた声を聞いておらず
動き回ることもなく、ケージの中は
とてもきれい。

排泄もケージ内ではしないし
なんて我慢強く、辛抱強いのか・・。

動画も撮影し、家に戻り
PCを開いてメッセージを確認。

そこにいつも応援してくださる方から
メッセージが入っていました。

この子は保護してくださった方が
必死に飼い主さんを探してくれていることを
お知らせくださいました。


初めてこの子に会ったとき、
あるご家族のお顔が浮かびました。

数件のお問い合わせをいただいておりますが
私の心の中には、そのご家族のお顔と
その中で、幸せそうにしているこの子の姿が
浮かび、消えません・・。


元気、食欲もある、お散歩もできる・・

その姿は 何も問題なく見えてしまいがち。

でも心の中は?

自分を出せず、ケージの隅で
気配を隠して過ごし、
甘えたくてもそばに来ることができない・・

自分の感情を出すこと、動くことができない。

他の犬たちが動けば吠える、出れば吠える・・

そんな環境では、本来の自分を
出すことはできませんね。


体は健康でも、この子の心を理解することは
とても重要なことだと思うのです。

この子は、募集を一旦中止しました。
自分の心に素直に動いてみたいと思います。
それからでも募集は遅くないですし・・。



新入りセッターちゃんの横で
ちょっと先輩な高知県から来たコーチ君は
この環境にも慣れ、ずいぶんとリラックスしております。

体重も増えました。
毎日の生活のリズムもできました。

はちゃはちゃしていることもありますが
それも一時の事でしょう。


この子たちが晴れてここから卒業する日は
いっぱいの「幸せ」というお土産を抱えて
新しいお家の玄関を入っていく姿が
目に浮かびます。

想像しただけで今から涙。

早すぎる(笑)


Youtube
https://youtu.be/5ivPD9oQfxs
[ Admin ]

全国各地で・・・ 2017/01/27 (Fri)
皆様 おはようございます。
今日の市川は、風が強く曇っています。
お昼過ぎから太陽が出る予報・・
ホントかな?


私はあまり他県にいる保護団体や個人ボラさんを知りません。
私たちは、千葉県での活動で他県の愛護センターの
犬たちを受け入れてはいないため、また
私自身がネットが不得意と来たもので
他団体のHPやFBを見ないので
仲間が他団体のSOSの記事をシェアしない限り
何が起こっているのかもわかりません。

そんな中、たった1か所の保護団体さんは知っています。

それが熊本県のフィリアという保護団体。

この団体に私の古くからの友人がいます。

フィリアは、熊本県の愛護センターの子たちを
救済している団体です。

ここ数年、友人からいろいろな話を聞きました。
ある時には、涙しながら・・。

救いたいと願い、懸命にセンターの子たちの
世話に通い、それでも縁がなく
殺処分になる子たち・・

昨日まで世話をしていた子が
処分されることを止められない悔しさ・・


夜遅くまで話を聞き

お互い、それでも突き進まねば・・ね・・と
いつも同じ言葉で電話を置きます。


その友人から聞いていた犬が昨年亡くなった、との
電話が来ました。


土佐犬の武蔵君。


熊本は土佐犬が多く収容されます。

そして、譲渡することがなかなか難しい。
性格に問題があるということではなく

家庭犬として土佐犬を迎えるだけの
環境を持ち合わせている里親様が少ない事等々・・・


武蔵君が収容された時
やはり、超大型犬のため
性格の判断や世話の方法に至るまで
とにかく慎重に行っていました。

いつも電話で「とにかく良い子なのよ」と。

殺処分になることも、こうして愛護センターで
力尽きることも、ここに集うボランティアさんたちの
心を想うと、やり切れません。

今この時も、全国各地で命を繋げようと
奮闘されているボランティアさんがいるのだと思います。


私のところにも、全国から
里親希望のお申し出をいただきます。

ですが、まずご自身の住む、都道府県の
収容情報とボランティア団体を検索してください。

過去の出来事ですが
猟犬を飼いたいとお申し出をくださった里親様に
その方の地域で保護された子をお知らせし
その保護犬の里親様になってくださいました。

自分の住む地域にこのような団体や
ボランティアさんがいることを知らなかった、と
いう方もいます。

もしかして、そこに家族に迎えたいと思う子が
いるかもしれません。



私の友人がいる団体でも物資が不足し
ご支援を募っています。

譲渡会もございます。

どうか、応援よろしくお願いいたします!
フィリアさんのHPです。
http://ameblo.jp/philia-life/

フィリアさんより、武蔵君の画像お借りしました。
風格のある優しいお顔の武蔵君
1485476437.jpg
[ Admin ]

名前に合わない性格 2017/01/26 (Thu)
皆様 おはようございます。
快晴の市川です!

12月28日からCACIに来ているMIXのウーロン。
大きな手術の後、持ち上がって来ず
このまま逝かせてしまうかも・・・と
毎日ドキドキ、ハラハラしながら過ごしています。

ご支援でいただいたフードをようやく食べてくれたのも
たったの2日・・・

とにかく食べてくれるようにと
手作り食にして何とか昨日お茶碗1杯を完食。

そして夕方にはまた下痢、食欲なし・・。

綺麗好きな子で、漏れてしまうウンピ君を
毛布で隠すために 鼻の頭をすりむいております。

立ち上がれるようになって今日で6日目。
アジの開きになることもしばしばありますが
保温し、マッサージ効果が出ています。

筋肉もなく、骨皮ですが
まだまだ生命の力は失っていません。

手術で取り除いた部分からは
新たな肥満細胞腫ができ
内臓にも腫瘍確認。

どこまで行けるかわからないけれど
太陽にあたり、風を感じて
ウーロンも穏やかに過ごしてほしいなぁ。

大きな体、強面な顔 強そうな名前にしましたが
なんとも優しく、穏やかな子でした。
烏龍、鳥のごとく龍のごとくと考えると
やはり合っているかも。。


看取ることは悲しいし寂しいし
時にはしんどい・・・
ですが、一人寂しく逝かせたくない・・。

どの子か新しい家族のもとに
いけたら、また1頭、バリバリシニア犬を
迎えようと思います。

CACIメンバーはみんなよぼよぼシニアが
大好きです。

29日の譲渡会でどの子か決まればいいな。
若手は皆様にお願いし
私たちはシニアとまったりライフが
送れることを切に願っております♪

29日 塩浜ドックラン譲渡会
時間12時から16時
わかりづらい場所ですので
駐車場入り口の「コンパニオンアニマルクラブ市川」の
のぼりを目印においでくださいね。


場所 千葉県市川市塩浜3−25 
※塩浜第2公園内
(小型犬ゾーン)
駐車場あり

駐車場から奥に進みますと
スケートボードコートの入り口がございますので
案内に沿ってお進みくださいませ。

※当日朝6時の時点で雨の場合は中止となります。
小雨の場合でも中止いたしますので、当日は
こちらのお知らせ掲示板で中止のお知らせを6時に
いたしますのでご確認をお願いいたします。


画像:1月24日のウーロン

1485389160.jpg
[ Admin ]

最後のお世話 2017/01/25 (Wed)
皆様、こんにちは。

昨夜、シェルターの子たちのお世話が終わるころ
仲間が続々とムクリンに最後のお別れに来てくれました。

ムクリンの長い毛をみんなで整えてくれました。

風になびき、光るムクリンの毛
歩くと耳がピョコピョコと動く可愛い姿
トッピングが好きじゃないと 拗ねるムクリン

どんな時のムクリンも
本当に愛らしかった。


人は自分のための人生を 選択して歩き
自分の命を大切にすることもできる・・

でも、犬は自分のためではなく
飼い主のために「生きている」のではないかと・・


 22日の朝、仲間とこんな話をしました。

この時が「別れ」になるかもしれないことを
いつも心に想いながら世話をすること・・

最後にどのように自分が接したか。

心ある触り方をしたか?
笑顔だったか?

それとも 傍に来たからただ触ったのか?

私たちにとって、1回 1回の当番(世話)がすべて。

命あるもの、別れの時が
いつ来るのか、誰にも分りません。

だからこそ、人であれ犬であれ
別れ際は 優しい笑顔でいたい。

あの子たちの記憶の中の最後が
優しさと安堵で包まれるよう、
心の中で想いながら・・・。

シェルターで看取る子も
沢山いますが、それでも
焦りたくはありません。

個々に合うご縁が来るまで
じっくりと待ちながら、今日も
心あるお世話をしたいと思います。



ムクリンの寝顔を見ていたら
まだ生きているようで、やわらかで
お座りをして オヤツをねだりそうで・・

雲もない青空
ムクリンの体は軽くなって
駆け上がっていきます。


さよなら・・ね。

1485321364.jpg
[ Admin ]

ムクリンが亡くなりました 2017/01/24 (Tue)
皆様 おはようございます。

ムクリンが24時59分亡くなりました。
このところ、ずっと咳き込んでおりまして
昨日、スタッフの竹林が異変に気がつき
病院に連れて行ってくれました。

診断は肺水腫でした。
夜には楽になったのか、私が面会に
行ったときはお迎えに来てくれたと
思ったのか、立ち上がり尻尾を振ってくれました。

それが最後でした。

病院の先生が付きっ切りで看ていてくださり
夜中に急変・・・

そのまま先生に看取っていただきました。

先生、本当にありがとうございました。


2015年の初夏、千葉県動物愛護センター東葛飾支所から
相談を受け、この子のトレーニングに通いながら
CACIでの引き取りを決意。

長いセンター暮らしから解放されたムクリンの
表情はとても明るく、可愛く、時には
しつこいくらいのおやつ頂戴攻撃があり
先週金曜日の夜の散歩では
お口にチューの練習を嬉しそうにしてくれました。

悲しいよ、ムク・・
もう会えないなんて・・

今から迎えに行くよ・・
待っててね。

ムクリンにトッピング用のレトルトを
お送りくださった皆様、本当にありがとうございました。

画像:昨夜のムクリン


1485214544.jpg
[ Admin ]

GSP2頭の里親様大募集! 2017/01/23 (Mon)
おはようございます♪
今日は晴れ時々曇りの市川ですヽ(^o^)丿

可愛い画像が届きましたよ。
昨日、お届けしたゴールデンちゃんです。
信じられないほど馴染んでいます♪
不安なようで、先住ちゃんと一緒だと
安心しているようです。
里親様、ありがとうございますね。
(左の子が保護ゴールデンちゃん)

さて、里親募集ページを更新しました。
新たにGSPちゃん2頭を入れました。

性格については
メスは明るく人なっこく、男の子は慎重派のようです。
大阪スガチャンが会いに行ってくれていますので
詳細はお問い合わせをいただきました方に
お話しすることができますので
シニアちゃんたちですが、なにとぞよろしくお願いします。
≪里親募集中の子たち≫
 ↓クリック!
https://centro387.sakura.ne.jp/MildWans/index.php
1485129184.jpg
[ Admin ]

ゴールデンちゃん、本日トライアル! 2017/01/22 (Sun)
皆様 おはようございます。
本日も太陽が出ている市川市です。

19日、千葉県動物愛護センターから
迎えたゴールデンちゃんが、本日トライアルとなりました。
ガリガリの上、ひどい皮膚の荒れ方・・

早く新しいお家で、手厚く看ていただくほうが
この子のため。
里親様も首を長くして待っていてくださいます。

保護犬たちの時間を無駄にしないように
私たちも今日も1日精一杯働かなければ!

YOU TUBEにUPしたゴールデンちゃんの動画
ぜひご覧くださいね。
可愛い子ですよ。
トライアルがうまくいくように、皆様も祈っていてくださいね。

https://youtu.be/hfzzNoJYO-Y
[ Admin ]

朝から快晴! 2017/01/21 (Sat)
おはようございます。
今日の市川は朝から快晴!
お洗濯ものも早く乾きそうです♪

昨年からボン家で保護生活を送るcue(キュー)君。
年齢6歳ほどの中型以下の男の子です。

来た当初は無表情な子で
喜ぶ姿を見ることができませんでしたが
従順な性格ゆえのこと。

今では尻尾ブンブン、目の前に来ると
お座りしてオヤツをねだります。

君はどうして保護されたの?
家族は?
どこに住んでいたの?

聞きたくなります。

お座りやハウス、伏せまでできるのに・・。

そんなキューを見ていると
愛おしくて愛おしくて仕方ありません。

私が思うのですから
キューを家族に迎えていただく方は
私以上の想いで溢れること間違いないですね。

キューにお土産を沢山持たせ
その「日」が来るまで楽しく過ごしたいと思います。

お土産の中身ですが・・・・

タッチ!
お口にチュー!
乗って!

あはは・・そうです。
一発芸的なもの(爆笑)

できるかどうかは、私の腕次第でしょうか。

皆様にとって今日も良い1日でありますように。
1484957848.jpg
[ Admin ]

千葉県動物愛護センターに 2017/01/20 (Fri)
今日は雪がちらつき 寒い市川です。
皆様の地域は大丈夫でしょうか。
暖かくして、風邪などひかぬようになさってくださいね。


1月19日 
昨日私は今年初の愛護センターに
行ってきました。

ランには昨年からいる子たちが
新しい飼い主さんを待ち続けていました。
こんなにたくさんの子たちが 飼い主だった人に
捨てられたり 探してもらえなかったり、死別したり・・・

いろいろな事情で手放さなければいけないとしても
捨てるという行為だけはしてほしくはありません。

道路を安全にわたり、ご飯も食べて・・

動物がそんなことができるはずないですから。
「死んでもかまわない」という思いで捨てるのでしょうか?

それとも

「優しい誰かに拾ってもらって」 なんていう考えからでしょうか?


飼えないのであれば最後の責任として
新しい飼い主を探すことをしてほしいです。

自分ではできないという方がいますが
それは努力をしていない証拠だと私は思います。

私も一人で活動し、出産し、仕事をしながら
この活動をしていた時期があります。

食事も喉を通らぬほどの苦しく辛い時期がありました。
それでも、新聞の投稿やポスターを動物病院に貼りながら
里親様を探してきました。

今から25年も前ですからネットもなかった時代です。
それでもやってこれました。

里親様を探すためにはその方法を知るということも
ありますが、その子のためにどうすればいいか?を
考えればおのずと行動すると思うのです。

どうか最後まであきらめずに
努力してあげてください。


昨日センターから引き取ってきた子たち。
ありえないほどの小さなセッターちゃん。
6か月ほどの子犬に見えましたが、成犬で2〜3歳位。
陰部から色の悪い血が出ていますので
病院で検査を含め診ていただくために
入院しました。
体重は10キロ。

適正体重は14`ほどでしょうか。

この子は、医療行為が終わり次第
里親様を募集いたします。


もう1頭はセッター雑で収容された子。
本物のゴールデンでした。
まだ4歳ほどの可愛い子です。

どうしたらここまで痩せてしまうのか?

この子と一緒の場所で収容された黒ラブメスも
同じようにガリガリだそうで、まだどこの団体からも
声もかかっていないとのことでした。

ゴールデンの子も歯茎も白く貧血があり
栄養失調ですので、黒ラブちゃんも心配です。

ゴールデンちゃんは、運がよくお声をかけていただき
里親候補の方が決まっていますので
検査をしてからお届けとなります。

昨年から相次ぐ猟犬保護、放棄の相談。
現在、相談を受けている子たちだけでも
5頭います。

ポインター4頭、セッター1頭。

順次UPしますので、皆様ご協力よろしくお願いいたしますね。

繋げたい命
このままではセンターで命を終わらせてしまいそうな
柴犬がいます。
お引き受けいただける方おりませんでしょうか?

ちばわんさんの愛護センターレポートから
「柴ジィちゃん」です。
http://centrerep.exblog.jp/27439536/
預かりでもかまいませんが看取りになるかと
思いますが、それでもお願いできる方がいましたら
ぜひ、当会までご連絡ください。
tibaaigo@yahoo.co.jp
「柴ジィちゃんの件」とお願いします。


それと、お願いですがフードとカンパを
ぜひよろしくお願いいたします。

サイエンスダイエットの1〜6歳 アダルト小粒
医療費等に資金が必要です。
よろしくお願いいたします。

<<ゆうちょ銀行>>
口座名:三番瀬の犬達基金
記号:10540/番号:85757001

<<三井住友銀行>>
口座名:三番瀬の犬達基金
支店名:亀戸支店(店番:254)
普通預金口座番号:2050095



1484874780.jpg
[ Admin ]

シェパ バルドの義足 2017/01/18 (Wed)
1日があっというまに過ぎていきます。
時間を大切に使わなくてはと思います。

1月15日、今年初めての譲渡会に
シェパ バルド君がお勉強を兼ねてきましたよ。

その動きを見て、このままでいいのかな?と・・。

軸になっている後ろ足が
回るたびに無理な方向へと曲がります。

これから成長していくにあたり
大きくなるまでに、残った後ろ足を痛めてしまう・・

そうだ!義足を作ってあげよう! と!

成長段階で取り換えていく必要があるとしても
資金がかかるとしても
残る後ろ足を、この子の命が尽きるまで
守るためには必要だと思いました。

健康で快適に毎日を過ごせることは
動物でも人でも必要だと思います。

保護犬たちから
毎回教わることが多く
その中で気づくことも多々ありますね。

自分たちの人生で起こるすべての事は
「糧になる 糧にする!」この気持ちで
私たちも毎日頑張ります。

可愛い小さなバルドのこれからを
しっかりサポートしていきたいと思います。



1484700210.jpg
[ Admin ]

あけましておめでとうございます♪ 2017/01/03 (Tue)
やってきました、2017年!

年明け早々、カレンダーも完売いたしました♪
ご協力くださいました皆様
本当にありがとうございました。

1月〜3月までの譲渡会日程は以下の通り。
塩浜ドックランで開催となります。
2017年(全日曜日 12時〜16時) 
1月 15日 29日
2月 5日 19日
3月 5日 19日


昨年からCACIシェルターはポインター大集合で
セッター2頭 ブリタニー1頭
MIX3頭以外はぜ〜んぶポインター。

2017年1月3日現在の保護犬頭数
ミント家
シーズー ゲンちゃん オス 6歳
ポインター こばなちゃん メス 2歳
ポインター ドリーちゃん メス 2歳(迷子保護保管中)

三番瀬アパート
柴犬 りんちゃん 7歳 

ボン家
セッター スカイ君 13歳
セッター メーネちゃん 13歳
セッター フォワード君 7歳
MIX ココアちゃん 6歳
MIX ミルクちゃん 7歳
MIX つぶのままちゃん 12歳
MIX TEKE君 6歳
MIX cue君 6歳
シーズー ジュジュ君 8歳

CACIシェルター
ブリタニー 純米 10歳
MIX ムクリン 7歳
MIX ウーロン君 10歳(入院中)
セッター マシュー 8歳
セッター コーチ君 3歳前後
ポインター アンザ 7歳
ポインター マジック 10歳
ポインター オクトー 8歳
ポインター リース 10歳
ポインター はち 8歳
ポインター なな 8歳
ポインター くぅちゃん 5歳
ポインター モロ 3歳
ポインター ちゃちゃ 2歳
ポインター だい 2歳
ポインター (引き取り待機)ジャスミンちゃん2歳
ポインター カプチーノ君 6歳
ポインター タンゴちゃん 3歳
ポインター バトラー君 8歳

石田愛犬訓練所
プロットハウンド バックス君 10歳

今年は全頭紹介からスタートしたいと思います。
この中には里親様への譲渡を断念した子も
おりますが、大切なCACI家族として
お世話していきたいと思います。

今年もCACIの応援をよろしくお願いいたします。
[ Admin ]

前頁 ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] → 次頁



| HOME | TOP | CACI |
CmfDiary(ver1.12)